チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよ

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよ血糖値との戦いが一段落し、どこまで不摂生してもHbA1cが悪化しないかの実験をしている。お酒を呑む頻度も量も増えて、チーズもワインと組み合わせて楽しむようになった。お酒は日本酒党→糖質オフで焼酎派。ワインには明るくない。チーズを楽しむためにワインの勉強を始めてみた。

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよ勉強といっても本を読んで知識を覚えるのは面倒だし、味に関しては文字から伝わってくるとも思えないので、いろんな国の安いワインを買ってきて、飲んでみることにした。予算的には1本1500円くらいまでにしているので、そんなのでワインの勉強になるの?と言われそうだが、ブドウの品種ごとの味の特徴くらいはなんとなく分かるようになった。チーズと合わせるときの基本は味が濃厚な物(ウォッシュやハード)には重口と書いてある赤ワイン(カルベネ・ソーヴィニヨンやメルローなど)。フレッシュチーズや白カビ、シェーブルには辛口の白ワイン(シャルドネ)が合う。白カビでも熟成させてトロトロにした物は赤ワインの方が合う? 塩味が強い青カビには甘い白ワイン(ドイツの?)がよさそう。といってもそう何本も買ってられないので、ピノ・ロワールがどのチーズにでも合う気がしてお気に入り。

★ワインの話を書いたのに今週のチーズはブランデーが鍵だったwww

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよ
チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよミラベラは西洋すもものブランデーで表皮を洗ったウォッシュチーズ。カマンベールにはリンゴのブランデー、カルバドスを表皮に塗って熟成された物があり、今回始めて食べた。日本でも日本酒や梅酒でウォッシュしたチーズが存在するのだがまだ実物は見たことがないし、当然食べる機会に恵まれていない。

1.ミラベラ
フランス 牛乳 ウォッシュ

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよウォッシュらしい香りがたまらない。ミラベルという西洋すももから作られるブランデーで表面を洗いながら熟成されるチーズで、表皮はべたべたしているので剥いで食べる。生地はお餅のような弾力がありミルキー。口の中で牛乳の甘みがふわっと広がる。余韻にブランデー由来の甘酸っぱいような苦いような味が残るのが特徴。

2.カマンベール・ブランデー熟成
フランス 牛乳 白カビ

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよカマンベールはノルマンディ地方で作られるが、カルバドスというリンゴのブランデーの産地でもある。カマンベールを熟成させるときにカルバドスで表面を湿らせ香りを移してある。ねっとりと濃厚なカマンベールを味わっていると、お酒の香りが鼻へと抜ける大人のチーズになっている。強いお酒が苦手な人は表皮を剥いでから。

3.ブル・ディ・カプラ
イタリア 混乳(牛乳、山羊乳) 青カビ

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよミルクの甘み、塩味、青カビの刺激をバランスよく楽しめる。牛乳と山羊乳の混乳から作られている生地はクリ―ミーで甘く、少し酸味もある。塩味はその甘みを引き立てる。最初、甘みを強く感じるので青カビの刺激は控えめ?という印象を受けるが、甘みが引いていくとしっかりとした青カビの刺激がやってくる。

4.ペコリーノ・トスカーノ
イタリア 羊乳 セミハード・ハード

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよペコリーノはイタリア語で羊乳で作られたチーズのこと。トスカーノはワインやオリーブの産地として知られるトスカーナ地方のこと。やや白っぽい生地は羊乳らしい甘みと酸味があり、口の中で溶けるのを楽しんでいると、ミルクのコクが少し遅れてやってくる。塩味は以前食べたことのあるペコリーノ・ロマーノに比べると格段に穏やか。

5.パヴェ・オ・エルブ
フランス 山羊乳 シェーブル

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよエストラゴンというハーブがたっぷりまぶしてある四角いフレッシュチーズ。山羊乳に生クリームを加えて作られる生地は真っ白で山羊乳らしい爽やかな酸味がありチーズというよりヨーグルトのような味わい。山羊乳のクセのある香りはハーブによって打ち消されており、山羊乳は苦手という人でも食べやすくなっているかも。

6.クアルティローロ・ロンバルド
イタリア 牛乳 ウォッシュ

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよクアルティローロは秋に行われるその年最後(4回目)の刈り入れのことでその牧草を食べた牛の乳で作られていたが、今では年中作られるようになったようだ。少し酸味がありさわやかな味は秋よりも春っぽい。少し黄味かかった生地は少しシャリっとした食感でヨーグルトにも似た香りとミルクのコクをしっかり感じることができる。

7.カンタル・アントル・ドゥ
フランス 牛乳 セミハード・ハード

チーズを楽しむためにワインの勉強なんぞも始めてみたよ2000年以上の歴史があるという40キロ級の大型のチーズで90日以上熟成された物を「アントル・ドゥ」と呼ぶ。乾いた表皮はゴツゴツと武骨な感じだが、生地はナッティで繊細な味わい。口の中でもろく崩れ濃厚なミルクの香りが広がり、苦みを後味に残して溶けて消えて行くチーズらしいチーズだ。赤ワインと合いそうなお味。



Twitter

2016年09月21日 12:00

« これって本当に国産ゴーダ? 「酪佳」の味わい深さに感動 | メイン | 国産チーズ100種超の試食イベント「日本の銘チーズ百選」 »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り