チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪自分でこういう演出ができるようになれたら素敵だなぁと思うがそこまでの知識と経験はまだ備わっていない。今週のチーズプラトーは春を予感させるチーズとそろそろお別れする冬のチーズとがお皿の上でせめぎ合う。山羊乳の爽やかさに春を、ドロドロに熟したクロミエに冬を感じる。

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪フェルミエ渋谷店のチーズセットを今週も買った。クロタンという小さな山羊乳のチーズが気になったのでそれが入っている物を選んだ。一緒に入っていたのが熟成が進んでドロドロになった白カビチーズのクロミエ。爽やかで軽やかな味のクロタンに春を感じる、クロミエの濃厚なミルクの味は冬。ローズマリーのスパイシーな香りも草木の芽吹きを感じさせるので春かな? バレンタインでもらったハート型チーズも少し熟成が進んでいい感じ。

★春から冬へと季節が変わるとチーズも変わる?なチーズプラトー

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪
チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪山羊乳のチーズは苦手だという人がいるが、酸味があり爽やかな味わいなのでこの季節だけは食べたい。山羊乳は牛乳とは違い出産時期の春にしか採れない。保存技術の進化で年中食べられるようになったとはいえ、山羊乳チーズの旬は春。実際、その味は春らしいと思う。しばらくは山羊乳を追い掛けようかなぁ。

1.ロックフォール・カルル
フランス 羊乳 青カビ

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪ロックフォール村の洞窟で熟成された羊乳の青カビチーズだけが名乗ることができるロックフォール。世界3大青カビチーズの1つに数えられる。カルル社のロックフォールは伝統的な製法で作られ、無殺菌羊乳のコクと甘味、少し強めの塩を感じることができる。それに加わるのがピリッとした青カビの刺激。口に含んだ瞬間に感じるまろやかで優しい味と遅れてやってくる刺激のギャップに萌える?

2.マンステール・フェルミエ
フランス 牛乳 ウォッシュ

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪修道院で作られたウォッシュチーズでフランスで最も古いチーズの1つに数えられる。古いウォッシュチーズというと強烈で個性的な香りと味かもと考えがちだが、マンステールに関してはマイルド。しっとり柔らかい生地の濃厚なミルキーさとコクの強さが素晴らしい。それでいて香りは強くない。ウォッシュチーズにクミンをトッピングするという食べ方はマンステールから生まれた物らしい。

3.クロタン・ド・シャヴィニョル・ドゥミ・セックル
フランス 山羊乳 シェーブル

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪クロタンはあまりうれしい話ではないが馬糞のこと。熟成が進んで表面がカビに覆われるとそっくりであるらしい。山羊乳らしい白い生地はボロボロと崩れる感じで酸味があり爽やかな味わい。栗のようなほっくりした食感を長めに口にとどめて楽しんでいると、濃厚なミルクの香りと味もしっかり感じることができる。シャヴィニョル村とその周辺で製造された物はクロタン・ド・シャヴィニョルを名乗れるそうだ。

4.サン・ネクテール・フェルミエル
フランス 牛乳 セミハード・ハード

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪厚めでしわしわ、いろんな色のカビが生えた表皮はお世辞にも美味しそうに見えないので、あまり期待せずに口に運ぶと評価は一転する。ねっとりと濃厚な生地はミルクの味がぎっしり詰まっている。ナッティーな香りもしっかり楽しめる。ローマ時代からある、オーヴェルニュ地方の山岳地帯で作られているチーズであるらしい。

5.クロミエ・レ・クリュル
フランス 牛乳 白カビ

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪熟成が進んで形を保てないほどにトロトロになったクロミエは最高だ。フランスを代表する白カビチーズがブリ。特に美味しいとされるブリ三兄弟の末っ子がクロミエ。超ミルキー&コクがあり、無殺菌乳らしい苦みやクセ。さらにマッシュルームのような白カビの外皮。白カビチーズの醍醐味を全部楽しませくれた。この濃厚さを味わうと殺菌乳の白カビチーズには戻れない。

6.カマンベール・ド・ノルマンディール
フランス 牛乳 白カビ

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪言わずと知れた白カビチーズの雄。トロトロに熟成したクロミエと食べ比べて楽しんでみてねという意図で同じセットに入れられたように思う。芯はなくなりまさに今が食べ頃。苦みと旨味、クセとミルキーさのせめぎ合いが口の中で巻き起るが、トロトロのクロミエに比べるとマイルドさも残している。どちらが好みかは人による? 個人的には両方大好き!!

7.クール・ド・ヌーシャテルル
フランス 牛乳 白カビ

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪バレンタインデーに子供からもらったハート型のチーズ。芯がほぼなくなりそろそろ食べ頃になってきた。口に入れるとダブルクリームタイプ?と勘違いするほどのバターのような濃厚なコク。百年戦争のころからあったチーズとは思えない現代風の味わいだ。塩っ気が強く意外とクセ者と思われていたが、それほどクセはなく、白カビチーズの中でも食べやすいように感じた。

8.オベハ・アル・ロメロル
スペイン 羊乳 セミハード・ハード

チーズにも季節感あり。春と冬とがせめぎ合うチーズ盛り♪オベハはスぺイン語で羊乳の意味、ロメロはローズマリーのこと。羊乳で作ったチーズの周りにびっしりとローズマリーをまぶして3カ月間熟成させたチーズだ。ローズマリーの味と香りが生地にも浸透しており、爽やかな味わいに草木の芽吹きを感じさせるローズマリーの刺激が加わって春を連想させるチーズになっていて面白い。



Twitter

2016年02月22日 11:47

« 運動してますか?とよく聞かれるので…運動道楽について | メイン | 満開の桜をちょっぴり先取り。春チーズ日本代表は「さくら」 »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り