雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ

雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチヤヴァいかもとは分かっているが、分かっているからこそ行ってみたくなる店がある。近所の空き地で冒険ができた子供のときの感覚が蘇る。昼食には少し遅い時間、六本木のはずれで見つけたこの看板。ヤヴァいよね……でも、ランチを食べるだけ。昼酒はしない。命までは取られまいw

雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ
雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ
六本木から星条旗通りに入る。国立新美術館の少し手前にこの看板は出ている。周りのお店は高級豚しゃぶの店だの、どうしてそんな値段になるのか計算式が理解できないクラブだの…お財布にという意味ではヤバすぎる店が立ち並ぶ。そんな中で「お昼もお酒が混まない店で呑める」「800円定食」「昭和の味営業中」という看板。雄弁な店である。これだけでは語り足りないらしく、手書きで「少しだけ酒を呑んで帰ればいい♪」「地下1階アメットチョイ呑みオッケー営業中」と書き足してある。看板は1つではない。「客ひきはしない店」「男の素朴な料理」「時々混んでる」「おしゃれな店ではない」「かっコツけるほどかっコわるくなるのさ」。「おすすめはごはん」であるらしい。

雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチトドメは地下へと続く階段の前にあった「地下入口」という案内(というかオブジェ?)。「客は来ないよ。」「ご飯は東京で一番美味しい」「おもしろ料理」「静かなお店」「家庭料理」。これはもう覗いてみるしかない。食虫植物に吸い寄せられる虫の気分であるが、好奇心は抑えられない。階段を下りて行く。バーやパーティスぺースなどの奥…間取りの設計を間違えて地下の最奥に何かの間違えでできてしまったデッドスペースのような場所に赤ちょうちんと縄のれんが見える。営業中の看板。覗くだけでもと店の前まで行くと「良心的な店なのでのぞき禁止」と書いてある。ならばと縄のれんをくぐる。
雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ

■心と時間に余裕があることの幸せをかみしめるのがアメット?

雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ
雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ
お店は手作りのログハウスのような雰囲気。看板も木の手作り感があったので、そういうのが趣味の人なんだろうか。4人掛け(詰めれば6人掛け)のテーブルが2個と、少し広めで10人くらいは座れそうな大きな木のテーブル。店の入り口で案内を待っても何の反応もない。厨房で料理をしている男と目が合うが「いらっしゃいませ」の一言もない。勝手にテーブル席に座って待つことに。どうやらこのお店、男が一人で切り盛りしているようで料理は1人分ずつ作る。奥のテーブルに2人組の客がいたが片方の客には料理が出ていたがもう片方には出ていない。その料理が運ばれてきたら、ようやく男がこちらに声をかけてくる。いらっしゃいでも、ご注文は?でもない。「時間…大丈夫?」。そういうルールの店だってことは理解していたので、「はい、大丈夫です」と答えるとお茶が運ばれてきた。豚の生姜焼き定食を頼むと、男は何も言わずに厨房に帰っていく。雄弁な店だが本人はいたって無口。

雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ男の風貌は、コントに出てくる実験に失敗して爆発してしまった博士風である。世の中と折り合いがついてない感じが全身からにじみ出ており、機会があればぜひお友達になりたいタイプだ。向こうは絶対にそうは思ってくれないだろうけど……。壁にひときわ大きな文字で書かれていた「座ってすぐ食べたい人はチンまたわ作ってある店にいくべし」というのがお店の最大のこだわりか? 会社員の昼休みに時間の余裕がないことは理解してくれているようで「ランチを急いでいる人は18分前迄に予約して下さい」と電話番号が貼ってあった。店の壁に書かれている文字を読んで楽しんでいると、厨房からゴリゴリと何かをとすりおろす音。もしかして…生姜焼きを作るのに生姜をすりおろすところから注文毎に調理している? ほかの客の料理はすべて出ているのでそうとしか考えられない。

雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ
雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ
面白すぎて長くなった。料理は10分ほどで運ばれてきた。豚の生姜焼きにサラダにキムチ、小芋の煮物、ご飯にお味噌汁。これで800円なら値段的にはもちろん大満足だ。生姜焼きはすりおろしたてなのであろう生姜の風味が効いていてしかも汁だくになっており美味い。汁をご飯に垂らして食べると絶品だった。サラダもドレッシングがこんなにいらないよってくらいかかっておりサービス精神旺盛。東京一美味しいご飯の正体は「お米!! 長野県佐久市の“ごろべい米”」であるそうだ。蓼科山の湧水で育てる信州のブランド米で初めて食べた。甘みがあって確かに美味しい。生姜汁をぶっかけてとも考えたがさすがに品がなさ過ぎるかと断念。でも、もったいないので生姜は箸ですくえるだけすくって食べた。
雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ雄弁すぎる無口な店。六本木・アメットで冒険気分♪なランチ



Twitter

2016年07月22日 12:00

« あなどりがたきハナマサ!! サラダ用プロ仕様チーズが激安 | メイン | 日本のチーズに金メダル!! 長野県産のブルーがうめぇ~! »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り