【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ釧路発のB級グルメの1つがザンギ。唐揚げのことで鶏だけでなくタコを唐揚げにすればタコザンギといった具合に調理法を指す。釧路民には家で食べる家庭の味という認識であるらしく美味しい店教えてとお願いしても反応が意外なほど薄い。ザンギ入門にと元祖と殿堂入りのを食べてきた。

★骨ありでいろんな部位を揚げたのを特製ソースで味わうのが元祖!!

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレザンギ発祥の店は釧路の飲み屋街にある鳥松というお店だとされている。もともとは焼き鳥屋としてスタートしたお店だが、1960年に鳥を丸ごと1匹仕入れてぶつ切りにして揚げたところそれが評判になる。ザンギという名は中国語で鶏の唐揚げを指す炸鶏(ザージー)に運が付くようにとンを入れてザンギと名付けられたとされているが、釧路周辺では呼びやすいように名詞が変化するという例(カゴメ→ゴメ、ヤマメ→ヤマベなど)がいくつか確認できているのでザーギーより語感か強く言いやすいザンギにいつの間にか変化したような気がする。
【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ1匹丸々仕入れてぶつ切りにしてというのが鳥松の元祖ザンギの特徴で、骨ありを頼むのが正しい。今回は早い時間に行くとお店が満席で他所で一杯やってから掛け込んだのでお土産でとなった。閉店間際でも注文してからちゃんと揚げてもらえた。千鳥足でもバランスが取れる不思議な手提げ風に包んでもらえるのも懐かしい感じがしてうれしい。

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ
包みを開くと、いろんな部位が混じっているのが分かる。腿や胸、手羽先、手羽元、せせりなどカラリと揚がっている。ザンギは鶏への下味が強いと聞いていたが、軽く塩味という感じでさほど味が濃いとは思わなかった。特徴は唐揚げなのに付いていたソース。元祖もタレありなのかな?と思ったが、タレというよりはスパイシーなウスターソース風のソースで、揚げたてのうちにこれをちょんと付けて食べると確かに唐揚げよりも香ばしく味は強めってことになる。骨は噛み砕けそうな物は噛み砕いて食べた。無理な物は骨に付いた肉をきれいに歯で削げ落としてからお皿に戻す。魚もそうだが骨際の肉は美味い!!

★タレの甘辛さとサックりジューシーさを両立させた殿堂入りザンタレ

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレザンギにさまざまに工夫したタレをからめた物がザンタレ。ザンタレの美味しい店を教えてと頼むと必ずあがるのが南蛮亭というお店なのだが、JR釧路駅から2駅も離れた場所にあるので行けない。釧路の繁華街周辺でザンタレが美味しそうなお店を探して見つけたのがさかまる末広店。ザンギ王決定戦というイベントで2011年から2013年まで三連覇を達成し、日本唐揚協会のからあげグランプリでも4年連続で金賞を受賞しているお店らしい。

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ唐揚げが名物と聞くといかにもな居酒屋を想像してしまうが、さかまるは随分と落ちついた感じの内装のお店。1人だったので居酒屋のというよりもバーっぽいカウンターに通される。じゃがいも焼酎清里が珍しかったので水割りで頼み、塩ダレキャベツ、カニとイクラの出汁巻き玉子、そしておろしザンタレをオーダーする。塩ダレキャベツの量に驚き、カニとイクラがたっぷり乗っているのに満足しているとお目当てのおろしザンタレが運ばれてくる。
【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ
唐揚げの表面には少し甘辛い感じのタレがまぶされている。その上に大根おろしとネギ、ゴマ。見た目のインパクトはそれほどでもないというのが正直なところ。期待していたほどではないかもと少し失望しつつ口に運ぶと、さすがはザンギ王三連覇! なるほど!!な味だと気付く。ザンタレの欠点はタレに味の重きを置きすぎて唐揚げらしいサックリ&ジューシーな食感が犠牲になることだと思っていたが、見事に両立している。タレの量は少なめだが、ザンギに歯を立てた瞬間に十分に甘辛さを楽しめる。唐揚げらしいサクッとした食感と噛み口から溢れる肉汁の美味しさはタレの味とは別にしっかりと味わえるようになっている。タレの味をもっと楽しみたいというのであれば、皿の底に残ったタレをソース代わりにして使えばよい。
【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ行者にんにく焼酎なんて変わったお酒も置いてあった。じゃがいも焼酎は水割りにしてしまうとじゃがいもらしさが分かりにくかったのでロックで頼んだら、これが強烈な香りと味だった。ほかにもミネラルたっぷりな海藻を飼料にして育てた海藻ポークの山椒焼きなんぞを追加する。翌日の釣り用のご飯にもう1つの名物ザンタレ、ネギ塩ザンタレをお土産にしてもらう。冷めても不味いわけではないが、タレを吸い過ぎてしまうので、揚げたてを食べるのが一番というのが正直な感想だ。
釧路釣行6年目にして初の荒天出船中止に(´・ω・`)ショボーン



Twitter

2016年08月02日 12:32

« チーズ、ザンタレ、スパカツ。釧路では糖質オフは忘れよう | メイン | 【釧路で道楽】三世代にわたる青春の味、泉屋のスパカツ♪ »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り