未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想った

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想った北海道でいっぱい買いこんできたチーズを食べるのに忙しくてしばらく買いに行っていなかったがフェルミエ渋谷店のチーズセットを買ってきた。自分でチーズの情報を調べて探しあてるのも楽しいが、偶発的な出会いが楽しめるのがチーズセットのよいところ。やっぱり毎週買に行こう。

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想った偶発的な出会いの機会はインターネットの普及によって奪われているのではないかと思っている。例えば、本を買う時。本屋に行って本棚を左上からざっと見まわす。気になる本があったら手にとって中味を確認。何冊かに購入候補を絞って、最後は予算が許す限りの本を買う。知らない著者の本もあれば、これまで興味関心を払ってこなかったジャンルの本を手にすることもあった。本との偶発的な出会いが本屋にはあった。これがネットで注文となると様子が違ってくる。検索ワードは知っている著者やジャンルになる。オススメの本を勧めてくれる機能もあるが……所詮は購入履歴の類似本であって予期せぬ本との出会いはない。道楽するならネットに頼らずが正解なのかも?

★久しぶりなのに7個のうち5つが偶発的に出会えた未知のチーズ

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想った
未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想った
久しぶり、といっても3週間ぶりに購入したせいだろうか? それとも季節が夏から秋へと移り変わっているからだろうか? チーズセットに入っていた7個のうち5個がこれまで食べたことがないチーズだった。そろそろ未知のチーズは少なくなってきたと思っていたのでビックリしたし、ものすごく得した気分だったりする。

1.ベルクケーゼ
オーストラリア 牛乳 セミハード・ハード

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったベルクケーゼは山のチーズという意味で、ドイツ・バイエルン州のアルプスの山小屋で作られるアルゴイヤー・ベルクケーゼがその代表。今回のはオーストラリア産のベルクケーゼだ。ナッティな香りがしミルクのコクが凝縮されており食べやすい。もともとはスイスから製法がドイツに伝わり、ドイツからオーストラリアへ?

2.マニゴディーン
フランス 牛乳 ウォッシュ

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったモンブランの麓のマニゴという村で作られている、数年前に生まれた新しいチーズだ。アルプスで放牧された牛の無殺菌乳から作られ農家で1週間熟成され出荷されてのち、さらに熟成士によって表面を洗いながら熟成が進められる。味わいはライトでママの味系なのでウォッシュだからと身構えなくても気軽に楽しめる。

3.シャープハム・チャイブ&ガーリック
イギリス 牛乳 白カビ

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったニンニクと香辛料を混ぜたチーズはフランスのガプロンを食べたことがあるが、シャープハムはイギリス製の同種のチーズでニンニクとチャイブ(西洋アサツキ)が生地に混ぜらている。しっかりしている生地を口に運ぶとニンニクとチャイブの風味が感じられ、遅れてミルクの甘みがやってくる。チャイブの風味を探すのが楽しい。

4.オベハ・アル・ロメロ
スペイン 羊乳 セミハード・ハード

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったオベハはスぺイン語で羊乳の意味、ロメロはローズマリーのこと。羊乳で作ったチーズの周りにびっしりとローズマリーをまぶして3カ月間熟成させたチーズだ。ローズマリーの味と香りが生地にも浸透しており、爽やかな味わいに草木の芽吹きを感じさせるローズマリーの刺激が加わって春を連想させるチーズになっていて面白い。

5.プティ・ベルトー
フランス 牛乳 ウォッシュ

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったマール・ド・ブルゴーニュで洗われて熟成が進められた表皮は濃いオレンジ色になり、お好きな人にはたまらない、お好きじゃない人なら顔をしかめる香りを放つ。表皮を剥ぐとトロリと蕩けた生地が現れ、そのお味はというととにかく濃厚、濃密、超ミルキー。1個60グラムの小さなチーズなので一人占めして食べたくなる。

6.トピネット
フランス 山羊乳 シェーブル

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったトピネットはフランス語でモグラ塚のことで、アニメなどでお馴染みのモグラが顔を出すこんもりとした土の隆起に似た形をしたチーズだ。無殺菌の山羊乳から作られたチーズらしい酸味と優しくおだやかなミルクの味をしっかり感じることができる。余韻のように残るミルクの香りまでたまらない絶品チーズだ。

7.ジャーヴォー・ブルー
イギリス 牛乳 青カビ

未知との偶発的な遭遇こそが道楽なんだとチーズで想ったイギリスに伝わる伝統的なチーズの製法であるヨークシャー・ウェンズリーデイルと同じ製法で作られている青カビチーズ。ねっとりとした濃い黄色の生地はなかなかに複雑な味わいで単なる牛乳のコクや旨み以上の深みを感じる。生地自体の味が複雑なせいか青カビの刺激はスティルトンに比べると控えめのように感じる。



Twitter

2016年08月22日 12:27

« お気に入りシマエナガで熟成実験。食べ頃調整できるかな!? | メイン | ビタミンが不足すると家畜人ヤプーになっちゃうみたいだ!!!!? »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り