春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまで

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまで多くのチーズは1年中手に入るがそれでも旬はある。春から夏に放牧された牛や羊、山羊から搾った乳で作られてたチーズが熟成期間を経て手に入るのが秋だ。夏は熟成期間が短いフレッシュなチーズが旬だった。秋からは熟成が進み濃厚で芳醇な味わいのチーズが旬を迎え始める。

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでチーズ道楽を始めてちょうど1年になろうとしている。カマンベールやモッツァレラなど誰もが知っているようなチーズくらいしか知らなかったところから始めて、1年で結構な種類のチーズを食べることができた。毎週チーズを買いに行くフェルミエ渋谷店では「マニアックなのが入っているのは……」なんて風にチーズセット選びを手伝ってもらえたり、オススメの食べ方を教えてもらえるようになった。チーズ好きの仲間として認めてもらえたようでなんだかうれしい。単に毎週買いに来るいいお客さんってだけかもしれないfが……。

★熟成によって芳醇な香りをまといトロトロに蕩けた秋のチーズたち

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまで
春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでラベンダーの香りがほのかにする山羊乳チーズがトロトロに熟成しておりクセ者感が半端なかった。ボーフォールのフリュイテな香りと濃縮された牛乳のコクと甘みに秋を感じる。夏の放牧された牛の乳から作られたからの味と知って納得。1つのチーズで3種類の味を楽しめるイタリアのチーズは教わった食べ方を試してみたい。

1.フルム・ド・モンブリゾン
フランス 牛乳 青カビ

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでフランス中部の山岳地帯オーヴェルニュ地方で作られている青カビチーズでかつてはフルム・ダンベールと同一視されていた。フルム・ド・モンブリゾンは杉の木の棚で熟成させるため表皮がオレンジ色になり、まろやかで甘みのある味わいの中にミルクのコクが余韻として広がる。青カビの刺激は控えめでほのかに苦みがある。

2.サン・ドムナン
フランス 山羊乳 シェーブル

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまで押し花のようになったラベンダーが飾られたかわいい山羊乳チーズだが、食べてみるとなかなかのクセ者。黄味がかりねっとりとした生地は乳のコクと甘みが濃厚で、乳の香りまでしっかり感じられる。熟成が進んだ状態だったようで、酸味は控えめだった。サン・ドムナンは巡礼者が祈りを捧げる礼拝堂のことのようだ。

3.ガレ・ド・ラ・ロワール
フランス 牛乳 ウォッシュ

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでウォッシュチーズなのに見た目は白カビチーズ。トロトロになった生地はまるで生クリームを舐めているかのようなミルキーさ。ウォシュではあるが水で洗っているだけのためウォッシュ特有の香りはほとんどせず、ミルクの旨味を濃縮した味。一口食べるとミルキ~はママの味~♪と歌いたくなると説明するとどんな味か伝わる?

4.ガプロン
フランス 牛乳 白カビ

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでバターを作った後に残る低脂肪のバターミルク(ガプ)から作られた白カビチーズで味を補うためにニンニクと黒コショウが生地に練り込まれている。もっちり系の生地に黒い点々が点在しており、口に入れるとニンニク&コショウのスパイシーさを楽しむことができる。崩してサラダなどに混ぜて食べるとすごく美味しいかも。

5.シャープハム・チャイブ&ガーリック
イギリス 牛乳 白カビ

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでシャープハムはニンニクとチャイブ(西洋アサツキ)が生地に混ぜらている。しっかりしている生地を口に運ぶとニンニクとチャイブの風味が感じられ、遅れてミルクの甘みがやってくる。食べるのは二度目だが、一度目はニンニクが強め、今回はチャイブの風味が強めに感じられた。切り分ける場所によって味が変化するようだ。

6.ボーフォール・エテ
フランス 牛乳 セミハード・ハード

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまでサヴォワの山岳地帯で作られるフランスを代表する山のチーズがボーフォールだ。冬は雪に閉ざされる高地なので、夏の放牧可能な期間に作られた物を特別にエテと呼び、区別している。アルプスの牧草を食んだ牛乳は複雑な味わいで甘みとコクがしっかり感じられる。香りも芳醇でフリュイテさではコンテに引けを取らない。

7.サルヴァ・クレマスコ
イタリア 牛乳 ウォッシュ

春から夏に仕込まれたチーズが旬を迎える秋がもうそこまで塩水で表皮を洗いながら熟成されるのでウォシュチーズではあるが、セミハードチーズでもあり、中央部はソフトチーズでもありと1つのチーズで3種類の味を楽しめる。薄くスライスして味の違う部分をミルフィーユのように積み重ね、少しだけオリーブオイルをかけて食べると絶品であるそうだ。今度試してみようと思う。



Twitter

2016年09月06日 12:00

« 優しくって艶めかしい味わい。滋賀の「つやこフロマージュ」 | メイン | 恐るべし釧路民の愛するスパカツ!! HbA1cは5.3に戻ったよ »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り