年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね

年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね陽のあるうちは呑まないというルールがうやむやになるのが3が日。朝からお屠蘇を飲んじゃうもんだから、この日ばかりは朝から呑んじゃう。どうせ呑むなら2017年のお正月はワイン道楽しちゃおうと決めていつもよりはちょっと贅沢な村の名前まで書いているワインを買いこんできた。

年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
ワインの味があまり分かっているとは思えないので、取りあえずブドウの品種ごとの特徴を覚えようと1本2000円以下の新世界(チリとか南アフリカとか)の単一品種のワインを飲むことが多い。お正月くらいはちょっと張りこんでみるかと、ボルドーとかブルゴーニュなんて産地が書いてあるワインを買ってみた。さらにそのうちの2本はブルゴーニュのムルソー村、ラドワ村と、村の名前まで分かるワイン。味の違いが分かるかなぁ~。飲むときに何に注目して味わえばいいのか、メモしておく。

▼ルー・ペール・エ・フィス ムルソー 2014
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかねムルソー村といえばミネラル感たっぷりの白ワインであるらしい。らしいというのは本でそう読んだだけだからである。ミネラル感の正体を突き止めるために、ムルソー村で採れたシャルドネで作られた白ワインを飲んでみることに。「ミルキーなバター感が出てきて青リンゴや桃を核にしたフルーツ感全開の果実味! 新鮮なフルーツのもぎたてをグラスに詰め込んだかのような贅沢な一杯」ってなことらしい。

▼ラドワ“ル・クル”ルージュ 2013
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかねラドワ村のル・クルというのはわずか1.8haの畑であるらしい。そこのピノ・ノワールを房をまるごと発酵槽にいれる全房発酵という伝統手法で作られている。生産量が極小で超入手困難と言われると期待しちゃうわけだ。さらにロマネ・コンティで有名な生産者「DRC」の共同経営者が造るピノ・ノワール100%のフルボディワインとくれば期待するなって方が無理だよね~。

▼CH モンペラ ルージュ 2014
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね天才醸造家が手掛けるモダンボルドー。完熟した黒系果実のアロマに魅了される、スムースでクリーミーな飲み心地。『神の雫』でのシャトー・マルゴーやラフィットを打ち負かしたメルロー80%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン10%で造られ黒みがかった美しい紫色。黒系果実のジャム、ヴァニラ、カカオ、メントールの香り。アタックは力強くも柔らかく、口一杯にボリューム感が広がる。バランスが良く、繊細さもあり調和の取れたワインらしい。

▼カバ カイルス ブリュット
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかねペネデスの自社畑で手摘みした3種のブドウをブレンド(マカベオ25%、パレリャーダ25%、チャレロ50%)し、地下10mのセラーにて12ヶ月熟成させてある。金色を帯びた輝きのあるイエローに繊細な泡が美しく織りなす。香りはフルーティでフレッシュ、柑橘系のソフトなノーズの若さあふれる印象。口に含むと軽快でバランスのよい酸が心地よい。まろやかでエレガント、甘い果実を思わせる。オレンジのような甘やかな余韻が響き渡る。

▼CH セイランス 2014
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかねネットで検索してもあまり情報が出てこないボルドーの赤ワイン。「ボルドーの赤とは思えないほど軽く、香りも味わいもブルゴーニュのピノ・ノワールに近い感じ。フルーツジャムとスパイスのアロマを纏い、フルーティさと苦みのバランスが絶妙」と説明されていた。ボルドーなのでカベルネ・ソーヴィニヨンメインと想像していたが別品種かな?

▼シャルドネ・ピエール・ド・ランブリー
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね緑がかった輝きのあるゴールデンカラー。アプリコット、洋ナシ、ほのかに白い花やくるみのニュアンスも。偉大なるブルゴーニュのように樽のバニラもきれいに溶け込んでいる。口に含むとまろやかでフレッシュ、フルーティなアロマとバランスがよくチャーミングなワイン。……ニュアンスとかテロワールとか言われると何のこっちゃとなるが説明されているアロマを探してみよう。

▼セルメーニョ・ティント
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかねスペインのトロ地方で作られたティンタ・デ・トロという品種のワイン。ティンタ・デ・トロは初耳だったが、調べてみるとテンプラニーリョのことらしい。濃いチェリー色に青みがかった紫色のエッジ。 ストロベリー、チェリー、ラズベリーなどのレッド系フルーツの香りにプラムやブラックベリーなどのブラック系フルーツの香りが絡む。フレッシュでかつリッチ、香り豊かで余韻も長い。テンプラニーリョ特有のコクとタンニンもほどよく感じられる。

▼セント・チャールズ アウスレーゼ 2011
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかねアイスワインと同様に氷点下7度で収穫したが、一部のブドウが凍らなかったため、アイスワインに認定されなかったという訳ありワイン。実際の中味はアイスワインそのもので、香り、ブドウの糖度が凝縮されたアイスワインに引けを取らないそうだ。香り高くリッチで、繊細なフルーツやハチミツのような豊かで魅力的な香りが特徴で、豪華な甘味のフルボディのデザートワイン。

▼ボワ・ロワイヤル ボルドー 2014
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね透き通った果実感とボルドーらしい端正なバランス、スムースな飲み心地。若いボルドーにありがちな、アルコール感や酸っぱすぎる、まだ味わいが良く読み取れないなんて心配は無用ということらしい。シュヴァリエ(騎士号)を受勲している業界きってのバイヤーをして「ここ数年買い付けた中で、最高の1本」と絶賛していたそうだが…この手の煽りはどこまで信じていいのやらな1本だ。



Twitter

2016年12月29日 06:20

« マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い | メイン | ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福 »

最近の超実践!糖質オフ生活記事

石垣牛ローストビーフがとにかく絶品な恵比寿・人(ちゅ)
CCBでタイ風サラダ食べ放題トムヤムクンも飲み放題ランチ
広尾でニセンベロ狙うなら寿司居酒屋のぼるが大本命だよ
昼酒の猛烈な誘惑が……恵比寿・八寸場こうじや旬菜御膳
九十九島の美味い魚!! 恵比寿・ヒカリでおばんざい定食
恵比寿一渋くてミーハーな老舗居酒屋「さいき」でむむむっ
道楽者はスペインのチーズとワインでしめしめとほくそ笑む
最近肉食ってない!! ステーキ58で肉分を補充してきたぞ
熱中屋 LIVEにて辛子れんこんは揚げたてに限る!!と叫ぶ
そのまま食べて美味しいチーズを贅沢にも料理に使う野望
とり家ゑび寿で宮崎の鶏ってどうしてこんなに美味いんだろ
ウィスキーがチーズと相性抜群だってことを思い出したよ
広島産レモンで作られたサワー6種が楽しめる「おじんじょ」
ラム酒の香りがたまらない酔っぱらい向けハート型チーズ
松屋の定番朝定食をライス→温豆腐にチェンジしてきたぞ!
忘年会を乗り越えHbA1cは5.3を維持。俺の膵臓は元気だ
しまった! 今日はスパークリングだった!!というチーズたち
ちゃんと作ってる北海道のチーズは世界レベルに美味しいよ
チーズに合わせるワインの定番は? シャスラが気になる
恵比寿・鶏味座で親子丼は回避して地鶏の唐揚げランチを
チーズにハマると脳が活性化して呆け防止になるかもね?
ラスト新年会はチーズフォンデュと鶏の塩麹鍋でヘルシーに
下目黒・めっちゃタンメンで納豆ミソタン・メン無しを食べたよ
恵比寿食堂の中華でも低糖質オツマミでニセンベロに挑戦
薄まらないレモンサワーが絶品ばい!! 恵比寿・イチカバチカ
伝統と変化、冒険を1皿で楽しめるのもチーズの面白さだ!
新年会1発目は優しい出汁の恵比寿・おでんや潮。燗酒も♪
白トリュフ入りチーズと赤ワインの組み合わせが最強すぎる
お節に肉に酒にチーズ…正月ヤヴァすぎ新年会はパスねw
謹賀新年!! 今年も糖質オフ道楽で健康でいられますように
糖質オフ解除で年越しそば。当然だけどとびっきり美味いの
ラカント活躍でお節は妻のお手製中心。つまみ食いで口福
年末年始はワインを抱えて呑んだくれながら引きこもるかね
マスカルポーネ+卵デニッシュで作るティラミスが激美味い
可愛い店員さんにハート型チーズを差し出され最高のX'mas
年末帳尻合わせ4:恵比寿・SUMI-BIOで大豆ミートの酢豚♪
チーズと泡にまみれた聖夜の晩餐は帳尻合わせ不可能?
年末帳尻合わせ3:毛ガニ&黒マイタケは低カロリーで満足
年末帳尻合わせ2:中目黒・はな豆で超美味野菜食べ放題
追熟で白いブリがブリ・ノワールという別物に進化して仰天!!
忘年会の帳尻合わせに恵比寿・G.B.にてサラダだけランチ
チーズ、ワイン、ナッツ……全部好きだと太っちゃうよねwww
関西出身3人の食べたい鍋No.1のクエ鍋を恵比寿・佐藤で
忘年会を断らないで激太。でもHbA1cは5.3を維持できている
すっきりリースリングであと1匹釣れなかった無念を洗い流す
船上での昼食にファミマでライザップしてみたんだけど……
沖縄流行りの広尾の古参、花唄でスパムエッグランチを食う
釣り大会で好成績だったので赤ワインとチーズで独りで祝杯
新大阪→品川は串カツとワインで大阪の名残を惜しむ?旅
大阪・北瑞苑にてええもんばかりの懐石コースをゴチになる

著者: へた釣り